小樽寿司情報 地元民が食べ歩き&口コミをレポート ランキングやおすすめを紹介 徹底取材による新鮮な旬の情報が満載 小樽観光のお役に立ちます!

FrontPage

今が旬の寿司ネタ

やはり一押しは『ウニ』でしょう!

えぞばふんうに

『ウニ』は、小樽を代表する寿司ネタのひとつです。ふたつの種類があり、地元で「白」「ノナ」と呼ばれるのが、エゾムラサキウニで、外観がトゲの長い黒っぽいウニです。お値段もやや安めで、あっさりした味わいです。
もうひとつは、今や超高級品になった上記写真の「赤」「ガンゼ」と呼ばれる、エゾバフンウニです。沿岸の磯焼けで海藻が少なくなり、漁獲量がとても少なくなりました。コクと甘みのある味で、小樽の赤ウニは絶品です。
小樽沿岸うに漁は、午前5時から9時迄の4時間だけと、資源保護のため時間が決められています。漁期は5月中旬から8月一杯までです。

小樽祝津 民宿青塚食堂

青塚食堂

かつて鰊の銀鱗が舞い栄華を極めた小樽。
祝津はその鰊を追って船をこぎだした男たちのロマンの浜。
その漁師の心意気を自慢の味にかえて、おもてなしの心で皆様のお越しをお待ちしております。

網元青塚の網起こしの様子

青塚ではその日に獲れた前浜の幸をご提供いたします。

鰊うんちく

江戸時代から明治・大正・昭和の初期に大量に獲れていた北海道の春ニシンは、北海道サハリン系ニシンと言います。現在、祝津の前浜で1月から3月頃まで獲れているのは、石狩湾系ニシンと言う地方系群です。

近年、放流事業のおかげで、鰊の漁獲高が年々増えており、毎年のように群来(くき:沿岸での産卵)が見られるようになりました。

YouTube:小樽でニシンの群来確認(2012/02/20)北海道新聞

青塚食堂さんでは、前浜のものを優先的に使用していますが、時期によってはアラスカ産のものも使用しているそうです。

ごあいさつ

小樽生まれの小樽育ち、生粋の小樽っ子ですが、観光に来られた方から多くいただく、とても困った質問があります。

それは・・・

「小樽のお寿司屋さんはどこが美味しいの?」

「美味しいお寿司屋さんを教えて!」

現在小樽で寿司を提供するお店は、130店舗以上はあると思われます。永年小樽に住んでいますから、普段行きつけの寿司屋は何軒かありますが、広く客観的に小樽の寿司屋を見た訳ではありませんので、ハッキリ「ここ!」と答えられない状況でした。

そこで考えました。

地の利を活かし、地元の口コミ情報を載せたり、小樽の寿司屋に直接足を運び、自分なりに評価して皆さんの参考にしてもらおうと・・・

そんな感じでこのサイトは始まりました。小樽の寿司情報では充実度No1を目指しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

作成開始:2010年3月~

サイト内検索

調べたい単語を入力してください。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional